閲覧者のことを考えよう!避けるべきデザインのまとめ

ページの色を派手なものにする

ホームページを作る時に一番大事なことは何だと思いますか?いろんな意見があると思いますがその中でもページの色は一番大事だと思います。閲覧者の方がホームページに訪問して一番最初に見るところなので。その時に赤とか青といった派手な色は絶対に避けましょう。何故かというとそういった色はずっと見ていると目が疲れてくるし、そのページから色が違うページに移った時に目が変な感じになるからです。これからホームページを作ろうと考えている方はページの色は白や水色といった目に優しい色にし、閲覧者のことを考えたページ作りを心がけましょう。

画像などのコンテンツが全くないページにする

これはホームページの内容にもよりますが、ページ内に何かの紹介文や説明文を記載する時は画像や動画などのコンテンツを入れるようにしましょう。そうすることで閲覧者の方もすぐに理解できるし、それに文章だけにするとそのページが文字だけになって面白くないページになってしまうからです。例えば、自分の好きなゲームソフトの紹介文を書く時に文章だけでなくそのゲームソフトの外見の写真を載せたり、自分が実際にそのゲームをプレイしている動画を載せるといったことをすれば、分かりやすい内容かつ見やすいページになります。

他のページへのリンクが全くないページを作る

いろんなホームページを見てみると、必ず他のページまたはそのページより前のページに行けるようになっています。こういったものが全くないページにしてしまうと、「このページから先はないのか」とか「トップページに戻るにはどうしたらいいんだ?」といった事態が起こってしまいます。どのページを作る時も必ず他のページや前のページに戻るためのリンクを作るようにしましょう。そうすれば、そのページを見る時にスムーズに他のページに行くことができ、更に「このホームページはメニューが沢山あっていいな」などといった良い印象を与えることもできます。

ホームページ作成は素人でも簡単にすることができます。フリーソフトやテンプレートを使えば無料で見栄えのするホームページが作れます。