風評被害とはなんだ?どうやって対処すべきだろうか

風評被害ってなんだろう

風評被害とは実際にはなんら根拠もないのに、商品や組織の評判を落とす情報によって受ける被害のことをいいます。企業や団体が活動するうえで、一般の人からの評価が一番重要なのは言うまでもないことでしょう。評価が高いことは商品や取引にとって重要だからです。そのため悪質な風評が広まった時には、活動が制限され商品も売れなくなってしまいます。だからこそ風評被害からなんとかして身を守ることは現代社会では不可欠になっているのです。

風評被害が生じているかも、というときどうする?

風評被害が生じた際に最も重要なことは、現状認識です。そもそも本当に単なる風評なのかどうか、実際に商品などに欠陥があったりして、それに気づかないだけなら、むしろリコールをして対応すべき事態だからです。なんでも風評と決めつけてしまうと、とんでもないことになりますから木をつけましょう。さて本当に根拠ない風評被害の場合には、風評に冷静に対処して、世間一般に風評に過ぎないことを広めればよいのです。具体的な対策をする前にその風評の内容と悪評の規模などをしっかりと把握しましょう。

風評被害対策ってどんなことをするの?

具体的な風評被害対策として、まずはホームページや公式ツイッターなどで公式な反論を行うことです。意外なことに、風評だ、と騒いでもしっかりとした反論を載せない組織も多いのが実態です。じたばたしては、逆に風評の宣伝となって風評被害が広がりかねません。その際、データなど科学的な分析など数値情報を盛り込んだりすると反論として根拠の強いものとして印象づけることができます。一般人にも冷静な人も多いですし、そのような人達は根拠を求めているので、しっかりとした反論文を作りましょう。

サイトを持っている企業は、風評被害対策を忘れずに行うことが大切です。一度でも風評被害に合うと、ブランドイメージに大きな傷がついてしまいます。