近年話題の仮想通貨!ビットコインの概要とメリットを知ろう

ビットコインはどういう仮想通貨なんだろう

近年話題となっているのがビットコイン。今やその名前を知らない人は居ないと言っても過言ではないほど有名な存在ですが、その特徴について詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?ビットコインは、2009年に発表された理論に基づいて運用がスタートされた仮想通貨です。P2Pネットワークによって維持されているため、日銀のような管理者が存在しません。そう聞くと危険な通貨だと思ってしまいますが心配いりません。発行枚数は限られており、偽造も不可能。誰かが破壊しようと思っても出来ない仕組みになっているんですよ。

ビットコインは送金手数料がほぼ無料です

ビットコインのメリットは、送金手数料がほとんど発生しないことです。銀行を介した普通の国際送金だと8%近い手数料が掛かってしまいますよね?ですがビットコインなら0.001%程度の手数料で済んでしまうんですよ。ビットコインはインターネット上のP2Pネットワークを利用した仮想通貨なので、特定の銀行などを通す必要がないため、このような格安手数料が実現するに至りました。送金時間も非常に早く、たとえば日本から地球の裏側であるアルゼンチンに所在する人に送金したとしても10分程度で取引は終わってしまいます。グローバル時代においてこのメリットは非常に有意義であり、大企業も注目しています。

換金性と希少性の高さが魅力です

ビットコインのもうひとつのメリットは換金性と希少性の高さです。ビットコインは世界で一番有名な仮想通貨ですから、現在世界中にあらゆる取引サイトが開設されており、リアルマネーと簡単にトレードできます。取引量がとても多いので、思い立ったときにすぐ換金できるんです。ビットコインは、仮想の発掘作業によりその枚数を増やすことができますが、2040年には鉱脈が枯渇します。つまり無限に枚数が増えるわけではないため希少性が担保されているんですよ。つまり、今後ビットコインを使った取引手段が増えれば増えるほど、その価値は高まるというわけです。

日本円は日本銀行が発行している貨幣ですが、ビットコインは発行者というものが存在しません。なぜならインターネット網を利用した仮想通貨だからです。発行者が存在しないためインフレリスクとも無縁です。